出会い系サイトでセフレ探し!モテるプロフィールの書き方とは?

プロフィール作成術

出会い系サイトで出会いを探すとき、プロフィールをいかに設定するかはきわめて重要なことです。プロフィールは、あなたがサイトにログインしていないときでも、女性らに挨拶し、自己紹介をしてくれます。また、あなたが女性にメールを送ったときに、本文には書ききれないことをプロフィールが補ってくれ、それを見て女性は返信するか否かを決めるのです。

それではそのプロフィールはどのように設定すればよいのか。まずはサイトが用意した項目――たとえば年齢や住んでいる場所の詳細地域、身長、体重、体型など――をすべて埋めましょう。その次に自己紹介文の設定にとりかかります。この部分をどうすればよいか、悩んでしまう方も多いかもしれませんが、あまり難しく考える必要はないのです。ここはあくまで自分を紹介するものでありますから、ありのままの自分を、時には誇張、脚色を施しながら紹介します。

ポイントは、情報量をなるべく多くしてやることですね。たとえばカフェめぐりがあなたの趣味だったとしましょう。そのときに「趣味はカフェめぐりです」とだけ書くのでは不十分なのです。そこにどのお店が好きなのか、いつもどんな場所を歩いているのか、喫茶店に入って何をするのかといった、付帯的な情報を書き添えてやりましょう。

「趣味はカフェめぐりで、週末は決まって○○(地名)辺りに出没します。コーヒー飲みながら本読んだりしてゆっくり過ごすのが好きです」

このような感じですね。こうしてちょっと内容をふくらませてやれば、カフェめぐりが好きだという情報にリアリティが出てきますし、同じ趣味の人にアピールできるばかりか、読書が好きだという女性にももしかしたら興味を持ってもらえるかもしれません。とっかかりの部分が多ければ多いほど、女性にメールをもらえる確率がアップします(参照記事→pcmax 評判)。

プロフィール作成の注意点

ただし、その自己紹介文を作成するにあたって、いくつか注意すべきことがあります。それはまずひとつ、サイトが用意した項目を見ればわかることは、書かない、あるいはさらっと書くにとどめておくということです。極端な話「身長は○○センチで、体重は――」などと自己紹介文で説明されると、冗長で読んでいられません。それはサイトが用意した項目を見ればひとめでわかりますし、それに付随するエピソードや何かも、とんでもなく面白いというのでなければ書かないほうが無難です。

特に自虐ネタには注意。たとえば本当に太っている人が「昔からデブと呼ばれていました」と書いていると、笑えませんし、でも気を遣うのも変だし、ちょっと絡みにくいなと思ってしまうのです。これに対して身長の高い人が「小さい頃から身長が高くて、あだ名がずっと大木でした……」と書いていると、ちょっと面白そうな人だなと思いますよね。そのへんのことを理解できる人でないと、自虐的な文を書くのは逆効果だと思います。

それとあわせて、自分に不利に働くようなこと、これを書くことも控えましょう。たとえば童貞であるということ。これは本人にとって大きな問題ですし、女性と付き合ったことがないからそのへんを理解してほしいというアピールなのだと思いますが、おそらく女性からすれば、そのように書いている男性とはやりとりしたくないなという感じでしょう。童貞と書くことによって、このサイトに登録した目的がセックスをすることだとバレてしまっているからです。

そのほかにも、たとえばニートであるとか、交際経験がないとか、お金をあんまり持っていないとか、そういうことは書かないほうが良いですね。ニートそれ自体は本人の思うところもあるでしょうし、仕方がないとは思いますが、やはり普通の社会人よりは印象は悪いです。べつに無職であろうとなんだろうと、1回会ってセックスするのには支障はないのですから、隠しておいたほうがいいですね。交際経験や貧乏についても同じです。もし本当にお金が無いなら、貯めてから出会い系を使いましょう。

以上、プロフィール作成の方法でした。

神待ち少女を介抱するという考え方は、実は間違いです

神待ち少女と聞けばいろいろなイメージを持つ人がいるだろうとは思うのですが、それでも多くの人が持つイメージは、だいたい共通している部分も多いのではないでしょうか。例えば私の場合なら、神待ち少女といえば家出をしてきた女性が、どうしても困り果てて自分を解放してくれる男性を探している、という印象が強かったのです。

ひょっとしたら私と同じようなイメージを持っている人がほかにもたくさんいるのかもしれませんが、出会い系サイトを利用している女性が神待ちをしているなら、その女性を解放してあげるのが、神である男性の役割なのだという考え方は、実は間違いなのです。

男としては本能的にどうしても、他の人よりも優位に立ちたい(特に相手が女性であれば、無意識のうちに優位性を示したい)という気持ちがあるのかもしれませんが、そういうふうに考えるということはつまり、相手の女性を見下しているということにつながります。そういう考え方は、自分が何も言わなくても相手の女性には伝わってしまうものです。下心を持っているのとはまた違う状況ですが、自分が望まない形で相手に嫌われてしますのは誰にとっても本意ではないと思うので、神待ちをしている少女と知り合ったとき、男の立場である自分のほうが上なのだというふうに考えるのは絶対にやめましょう。

神待ちをしている少女に出会うと、自分のほうがどうしても優位なのだと考えてしまう理由は、神待ちをしている少女は困っているから助けてあげなければならないというイメージが、出会い系サイトを利用している男性の頭の中にあるからだと思います。実際に私自身も、出会い系サイトを利用しながらそういうふうに考えていた時期はあります。けれども今では、女性をかくまってあげるというような一方的な考え方を持つのは間違ったことだということくらいわかります。

神待ちをしている少女のほうが、立場的に男性よりも上に立つということは、いくらでも考えられます。家出をして神待ち少女になってしまったというイメージを持っているなら、どうしてもほかにやりようがなくて男性との出会いを求めているというか、女性のほうがどうしても切羽詰まっているという印象があるかもしれません。でも、やむに已まれぬ事情で家出をしてしまって、それこそもう明日からの生活にも困り果てているという人ばかりではないのです。

生計を立てるといえばさすがに大げさに言い過ぎているかもしれませんが、出会い系サイトを利用して神待ちをしている女性の中には、男性から金銭を受け取ってばっちり自活しているという女性も多いです。神待ちをしている女性は、実は援助交際を日常的に行っているのだと主張する人がいます。そういう考え方が実は大げさなものではないのだということを、私は身をもって知りました。

私が実際に出会い系サイトを利用して知り合ったある女性は、実は神待ちという好意をしているのだということがわかりました。それを聞いた時私は正直驚きましたが、それは今まで私自身が、実際に神待ちという行為をしている女性と出会った経験がなかったからで、決して彼女が神待ちという好意をしているという話が嘘だと思ったとかそういう話ではありません。
私の中に遭った神待ちのイメージは、やっぱり家出少女が出会い系サイトを利用して、自分のことをかくまってくれる男性を探すというものだったんです。

そして、家出少女自身もそういうイメージを持たれているであろうということをある程度いしきしていたためか、最初のほうがすごく何と言うか、弱弱しいイメージだったんですよ。
弱弱しいというイメージでは、ちょっと私の考えていることが正しく伝わらないかもしれません。
より正確に言うなら、ちょっと控えめな印象を受けたというのが正しいでしょうか。
ところがそれは男(つまり私)を油断させるための戦略だったということが後になってからわかります。
もしも彼女のそういった本性をあらかじめ見抜いていたらお付き合いすることもなかったのかといえば、決してそんなことはありません。
きっと私は同じように彼女と接していたでしょう。
何しろ顔が好みのタイプでしたからね。
出会い系サイトを利用して出会いを求める際には、私は個人的に結婚相手を探す目的でサイトを利用するわけではないと思っているので、どうしても見た目を重視してしまいますね(笑)

話が少しそれましたが、彼女が控えめな態度をとっていたのは最初のうちだけで、だんだんと本性を現してくると、いかにも慣れた態度で私に、「ねえ、私といいことしない? 安くしとくよ」みたいなことを言いだしたのです。

つまり彼女は私以外にもたくさん、援助交際のパートナーとしてお付き合いしている男性がいるということですね。
最初のほうは安くてもそのうちどんどんと値段が上がっていくのかもしれませんし、また彼女に気にいられれば、格安の料金で相手をしてもらえるのかなとか、いっそ彼女を私の虜にして、完全なセフレのような状態でかわいがることができないかなとか、本当にいろいろなことを考えましたが、そういうことは彼女にはもちろん言ってません。
言ってしまったら嫌われそうな気がしたので、いずれにしても、出会い系サイトを利用してもしも神待ちをしているという少女と出会ったら、その人は援助交際をもくろんでいる可能性があります。
それは私自身が身をもって体験したことです。

今最もアツい神待ち情報→神待ち埼玉