神待ち少女を介抱するという考え方は、実は間違いです

神待ち少女と聞けばいろいろなイメージを持つ人がいるだろうとは思うのですが、それでも多くの人が持つイメージは、だいたい共通している部分も多いのではないでしょうか。例えば私の場合なら、神待ち少女といえば家出をしてきた女性が、どうしても困り果てて自分を解放してくれる男性を探している、という印象が強かったのです。

ひょっとしたら私と同じようなイメージを持っている人がほかにもたくさんいるのかもしれませんが、出会い系サイトを利用している女性が神待ちをしているなら、その女性を解放してあげるのが、神である男性の役割なのだという考え方は、実は間違いなのです。

男としては本能的にどうしても、他の人よりも優位に立ちたい(特に相手が女性であれば、無意識のうちに優位性を示したい)という気持ちがあるのかもしれませんが、そういうふうに考えるということはつまり、相手の女性を見下しているということにつながります。そういう考え方は、自分が何も言わなくても相手の女性には伝わってしまうものです。下心を持っているのとはまた違う状況ですが、自分が望まない形で相手に嫌われてしますのは誰にとっても本意ではないと思うので、神待ちをしている少女と知り合ったとき、男の立場である自分のほうが上なのだというふうに考えるのは絶対にやめましょう。

神待ちをしている少女に出会うと、自分のほうがどうしても優位なのだと考えてしまう理由は、神待ちをしている少女は困っているから助けてあげなければならないというイメージが、出会い系サイトを利用している男性の頭の中にあるからだと思います。実際に私自身も、出会い系サイトを利用しながらそういうふうに考えていた時期はあります。けれども今では、女性をかくまってあげるというような一方的な考え方を持つのは間違ったことだということくらいわかります。

神待ちをしている少女のほうが、立場的に男性よりも上に立つということは、いくらでも考えられます。家出をして神待ち少女になってしまったというイメージを持っているなら、どうしてもほかにやりようがなくて男性との出会いを求めているというか、女性のほうがどうしても切羽詰まっているという印象があるかもしれません。でも、やむに已まれぬ事情で家出をしてしまって、それこそもう明日からの生活にも困り果てているという人ばかりではないのです。

生計を立てるといえばさすがに大げさに言い過ぎているかもしれませんが、出会い系サイトを利用して神待ちをしている女性の中には、男性から金銭を受け取ってばっちり自活しているという女性も多いです。神待ちをしている女性は、実は援助交際を日常的に行っているのだと主張する人がいます。そういう考え方が実は大げさなものではないのだということを、私は身をもって知りました。

私が実際に出会い系サイトを利用して知り合ったある女性は、実は神待ちという好意をしているのだということがわかりました。それを聞いた時私は正直驚きましたが、それは今まで私自身が、実際に神待ちという行為をしている女性と出会った経験がなかったからで、決して彼女が神待ちという好意をしているという話が嘘だと思ったとかそういう話ではありません。
私の中に遭った神待ちのイメージは、やっぱり家出少女が出会い系サイトを利用して、自分のことをかくまってくれる男性を探すというものだったんです。

そして、家出少女自身もそういうイメージを持たれているであろうということをある程度いしきしていたためか、最初のほうがすごく何と言うか、弱弱しいイメージだったんですよ。
弱弱しいというイメージでは、ちょっと私の考えていることが正しく伝わらないかもしれません。
より正確に言うなら、ちょっと控えめな印象を受けたというのが正しいでしょうか。
ところがそれは男(つまり私)を油断させるための戦略だったということが後になってからわかります。
もしも彼女のそういった本性をあらかじめ見抜いていたらお付き合いすることもなかったのかといえば、決してそんなことはありません。
きっと私は同じように彼女と接していたでしょう。
何しろ顔が好みのタイプでしたからね。
出会い系サイトを利用して出会いを求める際には、私は個人的に結婚相手を探す目的でサイトを利用するわけではないと思っているので、どうしても見た目を重視してしまいますね(笑)

話が少しそれましたが、彼女が控えめな態度をとっていたのは最初のうちだけで、だんだんと本性を現してくると、いかにも慣れた態度で私に、「ねえ、私といいことしない? 安くしとくよ」みたいなことを言いだしたのです。

つまり彼女は私以外にもたくさん、援助交際のパートナーとしてお付き合いしている男性がいるということですね。
最初のほうは安くてもそのうちどんどんと値段が上がっていくのかもしれませんし、また彼女に気にいられれば、格安の料金で相手をしてもらえるのかなとか、いっそ彼女を私の虜にして、完全なセフレのような状態でかわいがることができないかなとか、本当にいろいろなことを考えましたが、そういうことは彼女にはもちろん言ってません。
言ってしまったら嫌われそうな気がしたので、いずれにしても、出会い系サイトを利用してもしも神待ちをしているという少女と出会ったら、その人は援助交際をもくろんでいる可能性があります。
それは私自身が身をもって体験したことです。

今最もアツい神待ち情報→神待ち埼玉